世界を愛しているのは誰だ

世界と言うと、日本以外の海外を連想してしまう

wikiによると地球の人間社会の全てを世界というそうだ。


でも実は仏教用語。

「ひとりの人に一つの世界」

この方がしっくりくる。


その人が認識するすべてのことだから、世界は宇宙だ。

これも地球外の宇宙という狭い意味ではなく。


僕の目に映る人、もの、こと

感じる感覚すべて

時空の感覚

全部の色合いと、味わいが 僕の宇宙だ


それをどう感じるのか

それはもう、日々色々と

毎瞬色々と 感じるのだろうけど

総じて愛しいものか どうか


「べき」なんて言葉はすきじゃないけど


愛すべきは、この世界


世界とは自分だから


今日ひとひ 世界を一番愛していたのは誰だ?

旅先にて

《旅の療法家、身心宇宙研究家 チヒトのblog》 ありがとうございますはZEROの言葉。日本中のありがとうをZEROにしたい。全てを癒すマインドフルネス「ありがとうございます瞑想」を伝えています。心身医学、野口整体施術者。“人生が変わる施術”を志して。旅の滞在先、施術会、お話会開催者随時募集中!呼んで下さい* スケジュールや、大きなテーマの記事はメインblog「カラタチのサトリ」を御覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000