矢になる

人は何かを決めた時に 矢になる。


何かとは

為すべきこと。

使命。

進むべき道。


何かを決断する。

これをすすめる ひろめる

普及させる

自らのいのちを、その、進みたい方向へと

エネルギーを向けること。


それはとても素晴らしいこと。

とても美しいこと。


矢は、自分が飛んでゆく方向 それしか見ることがない

それ以外のものに見向きもしなくなる

それに反するものは「ィヤ」になる。

あたかも、それを為すため

目標を射抜くためだけの一本の矢となるかのよう。


夜空を流れる一筋の流れ星の美しさ。

しかしその美しさを流れ星自信は見ることがない。

それを地上から見守り照らされる人々だけが

その美しさを知る。


観るもの 輝くもの

双方の存在があって初めて存在しうるシーン。


…そのどちらをも味わいたい。


僕はそう思うのです。



旅先にて

《旅の療法家、身心宇宙研究家 チヒトのblog》 ありがとうございますはZEROの言葉。日本中のありがとうをZEROにしたい。全てを癒すマインドフルネス「ありがとうございます瞑想」を伝えています。心身医学、野口整体施術者。“人生が変わる施術”を志して。旅の滞在先、施術会、お話会開催者随時募集中!呼んで下さい* スケジュールや、大きなテーマの記事はメインblog「カラタチのサトリ」を御覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000